軍用装輪車両

最新型の軍用装輪車両の設計は、輸送力と状況への対応力に関する一定の制限のもとで、防御機能、積載量、走行性能を高度に最適化する方向へと発展してきました。車両設計技師はアリソンAT を使用することにより、性能を最大限に高めると同時に、利用者による運用・維持(O&S)費を最小限に抑えることができます。

性能

アリソンATを使用すれば、加速性能やオン/オフロードでの機動力などあらゆる要素を最適化することができます。アリソンは、独自のContinuous Power Technology™の採用によって、エンジン 動力をシンプルかつスムーズに車輪に間断なく伝達し、スムーズな発進、低速走行、操作性を実現しています。またトルクコンバータ/遊星ギアの設計を通じ、安定性と登坂能力を大幅に高めて います。PTOを搭載したトランスミッションは、さまざまな条件に合わせた設置が可能であり、緊急脱出用ウィンチ/レッカーシステムなどの特殊機器を搭載した車両に動力を供給することがで きます。また各種の電子制御入出力オプションを利用すれば、セントラル・タイヤ・インフレーションシステムや差動固定装置、停電時照明システムなどの車両システムを統合することができま す。

アリソンは、乗員や地上職員の安全を最優先しています。アリソンATは、狭い区画で運転したり、移動砲などの荷重を牽引したりする際の低速走行や操作性に優れていることが実証されていま す。また悪天候時や戦闘時にも常にハンドルを両手で操作することが可能であり、道路から目を離す必要がないため、乗員や車両の安全性を高めると同時に、操作員のストレスと疲労を軽減する ことができます。

運用・維持(O&S)費

アリソンATは、操作員のトレーニングの軽減をはじめ、運用・維持費に関するほぼ全ての要素に影響を与えます。1980年代初めに米国軍が軍用装輪車両の仕様にATを指定するきっかけとなった主 な要因のひとつとして、このような運用・維持費に関する要素があげられます。また軍用装輪車両のオーナーは、商用車向けアリソンATのオーナーと同じアドバンテージを手に入れることができ ます。その例を以下に示します。

  • 頑丈な設計・構造に基づく優れた信頼性と耐久性
  • 以下を理由とする車両メンテナンス費の軽減
  • クラッチの調整が不要
  • シフトチェンジによるドライブトレインや車軸への衝撃の軽減
  • Prognostics機能を通じた状態に基づくメンテナンス
  • アリソンTES 295トランスミッションフルードの利用によるフルード交換間隔の延長
  • 優れた加速性能と利用可能なエンジン動力をフル活用して通行時間を短縮し、車両価値を向上