アリソントランスミッション、箱根の険しい山道でも安全輸送に実力発揮

箱根は古くから難所として知られ、天下の険と呼ばれる険しい山道と、急なカーブが短い間隔で続き、運転が難しい地域です。また、市街地でも古くからの街並みを通る道は幅が狭く、狭い道を走行せざるをえないバスにとって、ハンドル操作が大変です。こうした場所での走行を快適にするため、この地域を拠点に操業する箱根登山バス(代表取締役社長:伊藤 悦充氏 本社:神奈川県小田原市)では、アリソン社の「T310」が搭載された三菱ふそう社製の路線バス「エアロスター」が採用されています。

AT搭載のエアロスターは2011年4月に導入後、さまざまな場面でその性能を発揮してきました。箱根登山バスの走行ルートは、小田原駅から仙石、桃源台までを網羅した、市街地と坂道が混在する約25kmの道程で、その間に約60か所の停留所が設置されています。車内事故の多くは、発進時のショックで乗客が転倒し発生しますが、AT車の場合、スムースな発進が可能になるので、車内事故の低減につながります。また、AT車はクラッチ操作が不要になるため、ドライバーに車外・内を見る少しの余裕ができ、この余裕がサービス・安全性の向上に寄与しています。箱根登山バスの場合、数多くある坂道に設けられたバス停でも安全に停止し、発進時に生じる車体の揺れを最小限に抑えることが可能になりました。また、対向車と擦れ違うための退避スペースがとれないほどの細い道や、ヘアピンカーブでも、ギアの複雑な操作を行うことなく運転に集中することが出来、優れた安定感で安全に走行することが可能です。

箱根登山バスが運用していたMT車は、燃料1リッターで2.75 kmから2.87km走行したのに対し、アリソンのATを搭載したAT車は燃料1リッターで2.79km走行することがこれまでの運用からわかり、アリソンのAT車がMT車と遜色ない燃費性能を有していることが証明されました。また、メンテナンス面においても、MT車の部品に関わるオーバーホール・交換費用はAT車を上回ると予想されています。

箱根登山バスの主任整備士、皆木勝美氏は、次のように述べています。
「MT車は約5年毎に1回のペースでクラッチのオーバーホール(ディスク、各ベアリング等の交換作業)やミッション本体の故障交換が発生するのに対し、AT車は代替期限の12年間で1回のオーバーホールと、定期的なギアオイルとフィルターの交換だけでメンテナンスが完了し、途中で行なうクラッチ調整等の手間が省けるのがおおきな魅力です。
さらに、これまでMT車のギアオイルは定期的に交換してきましたが、アリソン製AT車には予後診断装置がついており、事前に交換時期を表示してくれるので、適切な交換が可能となりました。」

また、箱根登山バスの指導主任で、運転手の永田輝久氏は、次のように述べています。
「近年、ドライバーになる方は様々な分野からの入社が多く、大型2種免許に慣れていない方が多くなりました。こうしたドライバーには、安定感に優れ、悪路でもスムースな走行ができるAT車は最適な車両といえます。ほかのドライバーにとっても、操作時の疲労感が軽減され、運転が楽になったと評判です。」

アリソンジャパンは今後もさまざまな場面で活躍する公共車両のために、安全性の向上とイージードライブをご提供してまいります。

箱根登山バスについて 箱根登山バスは、観光地として知られる箱根全域を結ぶ公共輸送機関として、小田原市を拠点に近郊420.78kmを運行しています。所有車両数は150台以上、従業員数は約300人です。

アリソントランスミッションについて
アリソントランスミッション(Allison Transmission)は、中型・大型商用車用と米国軍用大型特殊車両用のオートマチックトランスミッション、および輸送用バスのハイブリッドシステムの世界最大手メーカーです。アリソンは、あらゆる市場・用途(塵芥収集車、建機、消防・緊急車両などのハイウェイ用車両、キャンピングカー、オフハイウェイ用車両、エネルギー開発・鉱山用機器、軍需用装輪式車両・無限軌道車など)で活躍しています。1915年の創業以来、本社を米国インディアナ州インディアナポリスに拠点を置き、現在は中国、オランダ、ブラジル、インド、ハンガリーに製造工場とカスタマイゼーションセンターを設けています。従業員数2,800人、1550か所の独立した販売・サービスディーラーで、北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南アメリカ、アフリカのお客様に充実したサポートを提供しております。詳細については、こちらをご参照ください。
www.allisontransmission.com

7 18, 2012

About Allison Transmission

Allison Transmission (NYSE: ALSN) is the world’s largest manufacturer of fully automatic transmissions for medium- and heavy-duty commercial vehicles and is a leader in hybrid-propulsion systems for city buses. Allison transmissions are used in a variety of applications including refuse, construction, fire, distribution, bus, motorhomes, defense and energy. Founded in 1915, the company is headquartered in Indianapolis, Indiana, USA and employs approximately 2,600 people worldwide. With a market presence in more than 80 countries, Allison has regional headquarters in the Netherlands, China and Brazil with manufacturing facilities in the U.S., Hungary and India. Allison also has approximately 1,400 independent distributor and dealer locations worldwide. For more information, visit allisontransmission.com.